飲む前に知っておくと超便利!焼酎の種類に関する基礎知識について解説します

このサイトは焼酎の種類についての説明をしています。
さまざまなものを原料としていますが、これらに関する基礎知識や薩摩や琉球などの名前に地理的表示が認められていること、同じ原料でも製法の違いによって味の異なるものを作ることができるなどを解説しています。
いつも飲んでいる人でも意外に知っていない雑学なども紹介していて、つい人に話したくなる内容で、飲む前にしっておくとより一層美味しく感じられて、改めて好きになる話題です。

飲む前に知っておくと超便利!焼酎の種類に関する基礎知識について解説します

焼酎は大きく分ける甲と乙の2つの種類があり、この2つは製法の違いによって区別されています。
そしてさらに原料によって異なり、麦や芋、米などを使用しています。
麦は二条大麦という品種を使用していて、米はよく使われるのが九州産のヒノヒカリ、芋はさつまいもで、じゃがいもを使ったものもあります。
他にも黒糖や蕎麦などを使ったものもあり、沖縄でよく飲まれる泡盛はタイ米が主原料で、米の糖化に黒麹が使われています。
それぞれ味にも特徴があり、知っておくとより一層焼酎が楽しめる知識です。

焼酎には多くの種類があるが飲み方もたくさんあるので魅力を感じることができるお酒

芋や米、麦など原料によって種類が豊富にあり、おいしい飲み方もたくさんあるのが焼酎の魅力と言えるでしょう。
中には、素材の味わいを存分に楽しむためには、やはり水割りが一番だという人もいます。
しかし種類が豊富な焼酎には、ほかにもたくさんのおいしい飲み方があるのです。
例えば、人肌くらいの温度のお湯を先に入れておいたグラスの中に、ゆっくり焼酎を注ぐとふわっと立ちのぼる香りと味の広がりを楽しむことができます。
また基本のお湯割りを少しアレンジして、柑橘類のスライスを入れたり、蜂蜜と生姜を入れてリラックス効果を高めるのもよいものです。
さらに一般に酎ハイと呼ばれるハイボールにして飲むのもよいでしょう。
フルーティーな味わいの米焼酎に炭酸とグレープフルーツを加えるなら、爽やかなハイボールが出来上がります。
原料に米や麦を使ったくせのないお酒に、凍らせておいた柑橘スライスをのせたらフレッシュ感をさらにアップできます。

焼酎のおつまみを選ぶ時には原料の種類に合わせて選ぶとよい

焼酎と合わせるおつまみを、どうやって選んだらよいか分からないという方も少なくないと思います。
基本的に言って、純度の高いアルコールである焼酎は、どんなものとも比較的合うと言われています。
それでもより一層美味しくいただくためには、焼酎を作る際に使われる原料の種類に合わせて選ぶとよいでしょう。
例えば、芋を原材料としている場合、味付けがしっかりしているもの、脂っこくこってりとした濃厚なものがよく合います。
味の薄いものと一緒にいただいたのでは、芋の個性に負けてしまうからです。
またお米を原料として作られているものなら、口当たりがまろやかな特徴を考えて、ご飯とよく合う和風のおつまみがお勧めだと言えます。
さらにすっきりとした味わいを特徴とする麦焼酎は、どんなものともよく合う万能さが一番の魅力とも言われていますが、麦ならではの香ばしさをじっくりと堪能したいと思うなら、やはりさっぱりした味わいのものがよいでしょう。

焼酎が甲種と乙種に分けられるのは原料とアルコール度数が異なるため

焼酎にも多くの種類がありますが、甲種と乙種に分けられているのも特徴的です。
なぜ、この2種類に分類されるのかその理由をよく知らないという人もいるのではないでしょうか。
この分類は日本の法律である酒税法によるものです。
まず、甲類は連続蒸留によってつくられたアルコール度数36パーセント未満の焼酎を指します。
これに対して乙種は、単式蒸留によって作られたアルコール度数45パーセント以下のものを指しています。
単式は古くからの製法で醪を一度の投入につき、一度だけ蒸留します。
添加物は水以外のものは使われておらず原料の風味や味わいが楽しめるようになっています。
本格焼酎はこの方式で作られています。
連続蒸留は英国から導入された方式でウイスキーなど作りなどにも活用されてきました。
醪を連続して投入しながら蒸留する方法で、無色透明でピュアな味わいが楽しめます。
効率よく製造できるので、安く作れるというメリットがあります。

焼酎はもろみと風味付けの役割が違う原料を混ぜることで造られるので多くの種類がある

焼酎は製造方法で甲類と乙類の2つに分類されますが、この分類は酒税法により決められたもので連続式蒸溜機を使ったアルコール度数36度未満が甲類で単式蒸溜器を使って45度以下のアルコール度数に仕上げたものが乙類です。
商品の中には甲乙類と呼ぶものがありますが、これは甲類と乙類をブレンドした焼酎です。
なお、甲類や乙類で製造方法が異なるけれども、材料は大きく分けると2種類に分類されます。
一次もろみを作るための原料および風味を決めるための主原料、両者の役割が異なる素材が混ざり合ってより味わい深いお酒が造られているわけです。
一次もろみを作るための原料には、おお米や大麦などがありまますが、主原料は風味の決め手になる素材で大麦やお米、そばや芋などが代表的です。
一般的に麦焼酎と呼ばれいるものは主原料が大麦になるわけですが、一次もろみを作るための素材は必ずしも大麦ではなくお米などの場合もある、これにより焼酎の味や風味などが決まります。

焼酎に関する情報サイト
焼酎の種類

このサイトは焼酎の種類についての説明をしています。
さまざまなものを原料としていますが、これらに関する基礎知識や薩摩や琉球などの名前に地理的表示が認められていること、同じ原料でも製法の違いによって味の異なるものを作ることができるなどを解説しています。
いつも飲んでいる人でも意外に知っていない雑学なども紹介していて、つい人に話したくなる内容で、飲む前にしっておくとより一層美味しく感じられて、改めて好きになる話題です。

Search